HOME > 安全とコンプライアンスへの取り組み > コンプライアンスへの取り組み
安全とコンプライアンスへの取り組み
コンプライアンスへの取り組み
1.特殊車可両通行許
道路法では道路の構造を守り、危険を防ぐために通行する車両に制限を定めています。
表.道路法における一般的制限値
車両の諸元 一般制限値
2.5メートル
長さ 12.0メートル
高さ 3.8メートル

総重量 20.0トン
軸重 10.0トン
隣接軸重 隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満
(隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5トン以下)
18.0トン
(19.0トン)
隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上 20.0トン
輪荷重 5.0トン
最小回転半径 12.0メートル
基本的には上記制限値をすべて満たす必要がありますが、下記については国土交通省の許可により通行することができます。これを特殊車両通行許可と言います。
・ 車両構造が特殊で一般的制限値のいずれかを超える車両
・ 分割不可能なため一般的制限値のいずれかを超える貨物
八洲運輸ではご依頼を受けている荷物の多くが重量物、長尺物ですので、荷物毎・車両毎に特殊車両通行許可を受けております。前後 に誘導車が必要となるケースもあり、必要に応じて対応しています。
他にも道路運送車両法における保安基準緩和申請、道路交通法における制限外積載許可申請および通行禁止道路通行許可申請など、必要な許可を受けて運送にあたっています。
2.産業廃棄物マニフェスト
マニフェスト制度とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託するときに、マニフェストに産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、業者から業者へ、産業廃棄物とともにマニフェストを渡しながら、処理の流れを確認するしくみです。
それぞれの処理後に、排出事業者が各業者から処理終了を記載したマニフェストを受取ることで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたことを確認することができます。これによって、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄を未然に防ぐことができます。
八洲運輸ではコンクリート製品のがれき類で中間処理と運搬を、廃プラスチック、紙くず、金属くず等の運搬を行っており、マニフェストを発行しています。(電子マニフェスト対応)
中間処理後のがれき類は資源として売却し、完全リサイクルを実現。環境保全に貢献しています。